お問い合わせはこちらです:肝疾患相談センター

肝疾患センター長より挨拶

当センター長:西原利治(高知大学医学部 消化器内科学講座 教授)

ウイルス性慢性肝炎は国内における最多の感染症で、260万人を超える方が今もこの病気にかかっています。

肝障害を指摘されても慢性肝炎は自覚症状に乏しいため、適切な検査を受けないで放置する方が多く、やがて肝硬変に進展し肝細胞癌の温床となります。

しかし、C型慢性肝炎では肝炎ウイルスの増殖を抑制する薬剤や、インターフェロン治療に伴う発熱や全身倦怠感といった副作用を大幅に軽減した治療薬が開発され、両者の併用治療により6〜8割の完治率と肝細胞癌への進展防止が可能となりました。

このような医学の進歩にもかかわらず、最新医療の恩恵を受けることのできない症例が多数取り残されたため、大きな医療格差を生みました。

そこで国は、「肝炎の治療においては、かかりつけ医と専門医療機関との連携が必須であり、それぞれの役割に応じた診療体制構築を図る必要があります。良質で適切な医療を受けられるようにするには、医療機関に於ける肝炎を中心とする診療の向上、医療技術などの格差の是正を図る必要があるため、『肝疾患診療連携拠点病院』を選定し、関係病院を拠点として他の専門医療機関と連携しつつ、医療体制の構築を進めていくことが望まれる。」との立場を明らかにしました。

これを受け、平成19年に当院が「肝疾患診療連携拠点病院」に指定されました。

主な活動の中心は、

  • 慢性肝炎にかかっている入院症例・外来症例とその家族に対して、肝炎に関する医療情報の提供や相談支援。
  • 専門医療機関との連携を通じた指導者研修会の開催。
  • 慢性肝炎の治療成績向上を目指して、医療従事者と県民を対象とした講習会などの企画。

今後も私達は、肝疾患診療・予防に中心的な役割を果たすべく努力をしてまいります。

高知大学医学部 消化器内科学講座 教授

西原 利治