若手医局員のことば

平成27年卒 高﨑 元樹 先生

4月から第一内科でお世話になっております高﨑元樹です。
医学生の頃からブレることなく、消化器科を志望しておりました。
後期研修先を選ぶにあたって、肝、胆膵、消化器をバランスよく経験でき、若手も増えてきた勢いのある第一内科を選びました。
到らぬ点も多々あるとは思いますが、精進して参りますので、よろしくお願い致します。

平成27年卒 長野 祥 先生

今年度から第一内科に入局しました、長野祥です。
平成生まれの生粋の高知県人で、土佐塾高校を卒業後高知大学医学部に入学し高知大学で研修医として勉強しました。研修医時代に第一内科を回らせていただき、幅広い分野の内科診療ができること、患者さんに寄り添いながらが診療できることが魅力で入局を決意しました。
知識にやや難ありと自覚しており日々奮闘しておりますが、上級医の先生方も優しく、毎日元気に診療しております。
今後は「患者さんからこの先生に担当してもらって良かった」と言っていただけるような医師になりたいと思います。よろしくお願いします。長野でした。

平成27年卒 村田 紘子 先生

今年度から第一内科に入局した、村田紘子と申します。
私は、内視鏡検査やエコーなど手技が多く、頭も体も動かせるところに魅力を感じて、消化器内科の道を選びました。
消化器内科は慢性期の患者さんと長期にわたり向き合っていくこともありますし、緊急の処置も多く、救急医療に携わることもできます。扱う分野も消化管・肝臓・胆膵と幅広く、将来の働き方の選択肢も多いと思います。
実際に入局して4か月、手技も知識も身に付けるべきことが多く、至らないことばかりですが、上級医の先生方にご指導いただきながらなんとかやっています。
第一内科は上級医の先生方がとても熱心で優しく、同期も多くにぎやかな雰囲気です。ぜひ一度遊びに来てください。

平成27年卒 山本 翔太 先生

今年から消化器内科に入局させていただいた山本翔太と申します。手技の多さとちょっと顔は怖かったりもするけれども、熱心で面白い上の先生方に惹かれて入局しました。自分の不足を痛感する毎日ですが、常に反省と改善を続けて、医師としての力を練磨していきたいと思っております。よろしくお願いします。
内科と申しますと当大学には消化器内科、腎臓・内分泌、血液・呼吸器、循環器と四つの内科があります。その中で消化器の魅力は何かと考えてみますと、よく言われるのは手技が多いということです。消化器内科の手技、腹部超音波検査、内視鏡検査等は人手や大掛かりな装置がいらず、比較的お手軽にできるという特徴があるかと思います。手軽にできるというものはどこで働いてても使え、役に立つということがあるのではないでしょうか。また消化器は食事に関与する臓器たちです。
高知にはおいしいモノがあふれており、消化器疾患を治療、コントロールすることはこの食事の楽しみを末永く続け、人生を色鮮やかにするのに一役買うこともあるかもしれません。内視鏡、腹部超音波といった手技もでき、内科的診療もできる消化器内科は如何でしょうか。
研修医の方々は是非一度回ってきていただければと思います。